シーちゃんについて

基本プロフィール

添付画像
エージグシク(八重瀬城)に住むシーサーの精で、エイサーや棒術をこよなく愛する。
とっても食いしん坊で、大好物は、ぐしちゃんピーマン。天気の晴れた日には、よく、ぐしちゃん浜で遊んでいる。
目撃した八重瀬の子供たちの話によれば、いたずらして怒ると鉄人に変身するというウワサもあり、実はシーサーではなく、伝説にあるカニカマルーの精じゃないか?との説もある。
また、畑作業を手伝っている子供をみかけると、謝花昇なみの農業哲学を語りだすというウワサすらある。
さらに、富盛のシーサーと東風平の石獅子とは親戚とのウワサもあるが実体は不明。

・住んでいる場所:エージグシク(八重瀬城)
・性別:不明
・生年月日:不明(住民票交付までは非公開:H25年3月15日)
・好きな食べもの:
 ピーマン:お祭りのときに子どもたちのが食べていたピーマン入りのピザをつまみ食いしてとても美味しかったから。
 ぐしちゃん芋(紅イモ):子供たちから貰った紅イモタルトが超美味だった
 港川でとれた魚の天ぷら
・嫌いなもの:ハブ
・好きな場所:ぐしちゃん浜
・趣味:ウンチク
・尊敬する人:謝花昇
・特技:ハルサー(農業)

シーちゃんの住んでいるところ

八重瀬岳付近で一番高い山であり、神様がエネルギーを導きやすかった。
※もともと火山(ふぃーざん)なのでエネルギーが集まり易い

シーちゃんの誕生

・石獅子たちの精として誕生。
最初は、八重瀬岳の上空あたりを、ぼんやりとした姿で漂っていたが、少しずつ、実態化し山に降りてきた。
それは、人々の平和や友愛を求める祈りや、都市化で人々の郷土心が薄らぐことを危惧する地元の人々の思いが八重瀬の土地神に伝わり、具志頭、東風平の石獅子の精を集めて、八重瀬岳に降臨させたことによる。
※石獅子の役割 → 火事(火山−八重瀬岳)から村落を守る

シーちゃんが八重瀬岳に降りたのは今回が始めではなく、これまで、地域の危機が高まった時になんどか現れており、例えば、カニカマルーは、シーちゃんの別の姿である。
※カニカマルー:東風平伝来、鉄人に変身、集落を守護、山(森)に住んでいる人。

今回の誕生は、3年前の合併で人々の間にふるさとづくりへの意識や、うちなーぐちに対する意識、伝統文化に対する意識が高まったことが一因。

シーちゃんの発見

具志頭の干潟で遊んでいたのを子供たちが見つけてともだちになった。
シーちゃんが浜にいたのは、山の上から潮干狩りの子供たちの楽しそうな姿を見て、子供たちと友達になりたかったから。
それまで、こどもたちの間では、その存在は徐々に知れ渡ってきていたが、大人の間では、うわさになっていなかった。
シーちゃんの姿は、大人にも見える(変な子ども)が、神力で違和感を持たれない。

10月のやえせまつりには、こっそりと遊びに来ており(この時に子供たちからピ ザをもらった)、会場でごみをポイ捨てしたり、八重瀬さくら祭りで、桜の枝を折ったりする大人を見つけて、クレームを付ける姿が評判になっていった。

その頃、シーちゃんの姿を地域の大人たちに見せることで、意識付けをしたいという土地神の意思により、徐々にシーちゃんの妖精としての姿が大人の目にも見えるようになり、いつからか、シーちゃんと呼びならわされるようになった。
※2013/3/15に公式確認

シーちゃんの役割及び八重瀬岳との関係

①八重瀬岳の性格
風を送ることで、鍛冶を盛んにし農業を支える。
川を通して大地の滋養を海に送り、海を育てる。
貿易を盛んにし、村を豊かにする。

②シーちゃんの役割
土地神の使いとして、地域と地域の人々を守り、自然や文化を大切にする心を伝える。 
子供たちに友達として、ふるさとを愛する豊かな心を育む。
町の外から、まじむんがやった来たときには、正義のキャラとして町を守る
※本人はこの役割については、まだ理解していない。

③八重瀬岳との関係(八重瀬岳と石獅子とシーちゃん)
シーちゃんは、八重瀬岳の土地神によって誕生した。
石獅子は、東風平では火事(火山である八重瀬岳)から、村を守るために置かれていた。
八重瀬岳(の土地神)は、風を送ることで鍛冶を盛んにし、それにより農業を助けていたが、その副産物として火事が起こることがあった。
石獅子(の精)たちは、土地神の本来の目的を知らず、熱い風を送るということだけで、八重瀬岳(の土地神)と対立していた。そこへ、何代か前のしーちゃんが現れて、石獅子たちを諭し、八重瀬岳への敵愾心を解消させた。

シーちゃんの性格

・性別は無いが、男の子よりの性格を持っている。
・凝縮(エネルギー体)するまで数年間、町の上空を漂っていて、その時にエイサー姿にすごく憧れ、なんとなく男の子のキャラの要素が強くなった。
・怒ると鉄人(熱された鉄状態)になるが、特に誰と闘うわけではない。
・人が悪いことをされたり、自然環境が破壊されたりするのを見るととても怒る。
楽しみにしていたお祭り(伝統行事)が中止になった時も非常に怒る。
・うんちく好き(謝花昇の影響)、真面目。
農業哲学を語るのが好き(謝花昇が子供時代にしーちゃんと会っている)
・汗水節を三線で弾ける。
・冒険好き(海人の血、何かあると船に乗って海に出たがるが、泳ぎがヘタなので、リーフ際で怖くなって戻ってくる)
もともと気が優しい。

シーちゃんの衣装

一番好きなのはエイサーコスチューム。
そもそもエネルギー体なので、イメージ力により好きな衣装を身にまとうことができる。

シーちゃんの今後の展開

町の外からやってきた悪い風が実態化した、まじむんと闘い町を守っていく。
※ポイ捨て星人、etc…
闘いといっても、血を流したり命を奪うようなものではなく、アンパンマンのような、こどものケンカレベルの戦い。